キイロスズメバチの巣を見つけたら刺激せずに専門家に駆除依頼を

小さな吸血モンスター

南京虫

生まれた時から襲い出す

別名南京虫ともいわれるトコジラミは、カメムシに属する昆虫でありながら非常に厄介な害虫として知られています。一番の要因は動物の血を吸う吸血行為があるからです。トコジラミという名前からも人間にとっても関わりたくはない昆虫であることは容易に想像することができます。トコジラミは暗くて狭い場所であるならば、どこでも集団で住み着きます。夜間になると徘徊して目当てとなる人や動物のもとに行き血を吸います。血を吸われると強いかゆみを伴うため安眠妨害されてしまいます。しかも成虫だけではなく、生まれてすぐの幼虫でさえも血を吸うのです。集団で襲ってくるので、朝起きたら驚くほどの咬み傷だらけになってしまいます。こうなってしまう前にトコジラミ駆除をするしかありません。

退治が難しいモンスター

トコジラミ被害にあわないためには、まずトコジラミ自体を家に持ち込まないことです。意外なことですが、トコジラミはいきなり家に湧いてくるのではなく、外から人や物にくっついてくることが多いのです。特に海外での宿泊には注意が必要です。怪しいと感じたら、家に帰る前か帰ってすぐにでもトコジラミ駆除をしましょう。一度住み着かれるとトコジラミ駆除のハードルはどんどん高くなります。自力でのトコジラミ駆除となると難しいので、専門の業者に任せるのが得策ではあります。トコジラミ駆除をするには主に殺虫剤か熱を利用するのが有効です。しかし最近ではピレスロイド系の殺虫剤に耐性を持つタイプもいますので、より注意が必要となります。トコジラミ駆除を本格的に開始すると、しばらく時間がかかりますが、安眠を取り戻すためにもここは我慢のしどころです。